自分でできる簡単なケアとは

眼球を動かそう

疲れている状態で、デスクワークを続けないでください。
一旦疲れを解消しないと、作業効率が低下してしまいます。
筋肉をほぐすだけでも良い効果を期待できるので、眼球の運動を行ってください。
それは簡単な方法で、眼球を上下や左右にゆっくり動かすだけです。
何回か繰り返すと、目の周りの筋肉がほぐれます。

遠くの景色を見ることもおすすめなので、少し休憩することも心がけてください。
長時間連続して仕事を進めるよりも、こまめに休憩して取り組んだ方が仕事の効率を高めることができます。
これらの方法は、会社にいる時でもできる面がメリットですね。
ただ疲れがかなり溜まると、これらの方法では解消できなくなります。
疲れた時に、すぐ実践してください。

目元を温めるために

筋肉をほぐすためには、温めることも効果的です。
そこで、蒸しタオルを目元に当ててください。
電子レンジとタオルがあれば、簡単に作ることができます。
タオルを水で濡らしてよく絞り、数秒加熱してください。
それだけで蒸しタオルが完成するので、面倒な手間は必要ありません。
ヤケドをしないようにだけ、注意してください。

しかし、会社にいる時は電子レンジが使えないかもしれません。
そんな時でも目元を温められるように、ホットアイマスクを用意するのもおすすめです。
それなら蒸しタオルがなくても大丈夫なので、デスクワークをしている時のために購入しておきましょう。
目元を温めてリフレッシュしてから、再び仕事に取り組んでください。


この記事をシェアする