良質な睡眠が必要

早く眠ることが重要

睡眠時間が短いと、うまく疲れを回復させることができません。
目の疲れも同じなので、セルフケアを行いたいならしっかり睡眠を確保してください。
夜遅くまで起きていると、目がさらに疲れてセルフケアでは回復できなくなってしまいます。
また布団に入ってもダラダラと、スマートフォンを操作している人が見られます。

スマートフォンから出る光は、目や脳に悪影響を与えて浅い睡眠を促すので使用しないでください。
目を回復させるために、良質な睡眠を目指しましょう。
これまで夜更かしをしていたり、寝る前にスマートフォンを操作したりする習慣があった人は改めてください。
その生活を繰り返していると、ずっと目が疲れたままになってしまいます。

寝る前の習慣を変えよう

これまで寝る前にスマートフォンを操作していた人は、読書に切り替えましょう。
それなら目に負担を与えることもありませんし、自然と眠りに入ることができます。
また良質な睡眠を確保するために、自然の音やゆったりとした曲を聴くのも良い方法です。
すると精神的にもリラックスできるので、肉体だけでなく精神の疲れも癒せるでしょう。
そのような音が収録されたCDが販売されているので、購入してください。

目が疲れてなかなか回復できなかった人は、習慣に問題があったのかもしれません。
これからは寝る前の時間を、読書や音楽鑑賞に使いましょう。
長い睡眠時間を確保するために、遅くなってから帰宅した時は、お風呂や食事をすばやく済ませることも大切です。


この記事をシェアする